3

.........................................................................................................................

27, Sunday



今日は朝から、マタニティブックのための撮影の準備。
私はいつも窓辺の自然光で写真を撮るので、昼間の明るいうちが勝負。
色々作って、色々撮って・・・・・。
途中、ちょっと休憩のティータイム。前に作ったチョコレートケーキがあったので、生クリームとかぼちゃの種、マカデミアナッツを少しのせて・・・ そうだ、ついでにこれもカメラでパチリ。
後で編集の方にメールで料理写真送った時に、このケーキの写真も参考資料にどうぞって書いて、送っちゃいました。やっぱり、チョコケーキはマタニティブックには向かなかったみたいだけど。


.........................................................................................................................

25, Friday


昨日のダイアリーでご紹介したバッグのお店「Love letter」。お問い合わせを色々いただきましたので、もう少し詳しくお知らせします。


森れいこさんデザインの刺繍を施したリネンのバッグ、カルトナージュ、雑貨などのお店です。
カルトナージュは、私と同じ成城の先生に習われたそうですが、森さんならではの個性的な生地合わせのセンスが素晴らしく、オリジナリティに溢れています。
昨年、「リネンに刺繍」という本を出されました。バッグ、カルトナージュ、小物作りの教室もお店で開いていらっしゃいます。
ホームページはこちらのアドレスです。
Embroidery Book―リネンに刺繍http://loveletter2000.COM/




東京都世田谷区経堂4−1−1           
п@
03-3439-5892

........................................................................................................................


24, Thursday

   

世田谷区経堂に「Love letter」という名の、とてもセンスのいいバッグを作るお店があります。NHKの「おしゃれ工房」に出演されたり本も出版されて、その世界では有名な方で、地方からいらっしゃるお客様も多いみたいです。

先日、バッグ作りの講習会があったので、行ってきました。

ほとんどカルトナージュの技法だけれど、針と糸を使って縫うところも多かったです。中はローラアシュレイの生地で、とめ具は大きな黒のスワロフスキーのビーズ。

明日は、息子の小学校の卒業式。黒のスーツにこのバッグを持って、行ってきます。

.........................................................................................................................

19, Saturday



HPをご覧になったということで、3日前にテレビ局の方から料理教室取材依頼のメールをいただきました。

驚きを隠せないままさっそく返信したところ、まずは電話での取材を受け、教室のある日に撮影にいらして下さるかもしれないとのことに。
それから私は家の中の大掃除。リビングルームは教室をしているので人の出入りがあるから、まあまあ片付いているけれど、北側の私の部屋が最近片付けをさぼり気味で日々気になっていたので、これを機会に思い切って整理整頓。動機があると掃除もはかどって机まわりもようやくすっきりしました。

でも、結局、なぜか今回の取材は見送りということになってしまったのですが、この機会に部屋も片付いたし、電話で取材を受けた生徒さんは楽しかったと言ってくれたからよかったかなと、緊張続きの3日間が終わったのでした。



.........................................................................................................................

15, Wednesday

 


粉ミルクメーカーの「アイクレオ」が発行しているマタニティブックに、3ページ(8〜9品)、お料理を載せることになりました。

ホームページをご覧になってくれた、以前の料理教室の生徒さんから仕事依頼のメールをいただきました。
プレママ向けのお料理を作り、写真も私に撮ってほしいとのことで、構想を練り始めました。出来上がった写真や原稿は、メールで送ることになっています。

こんな風に自分のペースで家で料理を作り、写真を撮ってメディアにのせさせていただくということは、私の理想としてきたことなので、いいページができるように精一杯がんばりたいと思います。

.........................................................................................................................

12, Saturday

  


今日から、渡部さとる氏の写真講座が始まり、練馬区の江古田まで行ってきました。

渡部氏は、雑誌、写真集、個展などでも幅広く活躍され、有名人のポートレートも数多く撮られている気鋭の写真家です。日柳 佐貴子さんの「フェイバリット・ビーズジュエリー」、広岡ちはるさんの「暮らしの中の布箱作り」などの本も撮影されています。

写真講座は毎週土曜日の午前と午後に1クラスずつ、2ヶ月でワンクールのレッスンです。
1クラス5人までなので2ヶ月くらい前から申し込み予約をしました。北海道始め、遠方から参加される方もいらっしゃるそうです。
私は昔、カルチャーセンターの写真講座で初級と中級を受講したことがあります。カメラの露出の構造を初めてそこで習ったのですが、今回の渡部氏の講座は、また違う教え方でちょっと衝撃でした。

ジャズピアノを習った時も、「ジャズは数学。」と言われたけれど、今回も「写真は数学。」って言われました。露出の構造の説明では、ルートまで出てきて本当に数字の世界。詳しいことはここで書き始めると長くなるので、Life Styleのページでまた別の機会にご紹介したいと思います。

講座でのテーマは、やはり光。光をいかにして感じて写真にしていくかということ。そして、一般的な写真の撮り方ではなくて、渡部氏が実践している彼独自の撮り方を教えてくれました。
「これがオレの撮り方、オレのスタンダード。みんなも自分のスタンダードをみつけること。」

今回は座学と称する講義の授業で、来週はカメラを持って皆で街に出て撮影する予定です。その次の週は、暗室でネガプリントの経験をします。

この講座に出たことが、写真の本質についてゆっくり考えてみる機会になったらいいなと思います。

(写真講座の詳しい内容は、渡部さとるホームページのWorkshopをご覧下さい。)


.........................................................................................................................

9, Wednesday

デジカメ買いました。 CanonのIXY dijital 50で、サッカーの中田選手が宣伝しているもの。

今までうちにはデジカメが2台あって、1台はMinoltaのDimage 7で、これは大きいカメラ。先日故障してしまい、今修理に出しています。それから、FujifilmのfinePix A201のコンパクトカメラも4年位前からずっと愛用してきました。ところが、おととい、こちらも突然の故障。新しい電池を入れても、電池不足でエラーと出てしまって全く使えない。結局うちのカメラは2台とも壊れてしまい、修理に3週間はかかるので、コンパ
クトカメラをそろそろ新しいのにしたいと思っていたところだったので、この機会に買いました。

持ち歩きしやすいように、小さいカメラがよかったので色々考えて選びました。400万画素で光学3倍ズーム。今まで使っていたFujifilmのfinePix A 201は、ズームなし、露出もピントもすべてオートのカメラ。でも、300万画素あって、結構使いやすくてそれなりに気に入っていたのです。料理写真を始め、このHPのほとんどの写真もこのカメラで撮っています。


デジカメを使うようになる前は、ずっとフィルムカメラの1眼レフで撮っていて、その時は絞りとかシャッター速度を自分で調整したりしていたのに、最近はどうも写真に対する姿勢が変わってきていたように思って、少し反省。
もっとちゃんと写真に取り組みたいと思っていた時、偶然、写真家の渡部さとる氏のホームページを見つけ、写真講座もあるということを知って、1月に申し込みをしました。その講座が、今度の土曜日(12日)から始まるので、楽しみにしています。3月と4月の毎週土曜日の午後、全8回なので、この2ヶ月間は料理教室の土曜日のクラスを日曜日に代えさせていただいて、通うことになりました


渡部さとる氏は、カルトナージュの広岡ちはる先生の本も撮影されていて、広岡先生のホームページを見ている時に、booksのページからリンクで行けたので、発見しました。心惹かれる写真の数々、そして第一線で活躍中の写真家の生活を垣間見ることのできるDairy、それからColumn など、非常に興味深いHPです。

渡部さとるHP : 
http://satorw.com/


.........................................................................................................................


4, Friday



昨日のダイアリーに書きましたコンフィチュール・エ・プロヴァンスで買ってきたジャムを、ヨーグルトに入れたりパンにつけて食べたりして、楽しんでいます。

4種類、写真手前から
花梨・洋梨・・・花梨は咳止めや疲労回復の効果があるそうで、優しい、食べやすい味わい。
柿・りんご・・・濃厚な柿にりんご、黄ピーマンが入っています。
洋梨・オレンジ・・・シナモン、クローブ、コリアンダー、バニラの風味が異国風でおもしろい。
フランボワーズ・ショコラ・・・甘酸っぱい木苺に濃厚なチョコレートの味がぴったりで、バニラアイスクリームにかけて食べたら、超美味でした。


..........................................................................................................................

3, Thursday

古くからの友達のKaoruさんが、銀座の渋谷画廊でのグループ展に出品しているということで、見に行ってきました。
10年以上前に版画の講座で出合った13人が、ずっとit's展という名の展覧会を続けているそうです。
メンバーはプロの人、セミプロの人、趣味の人など色々で、銅版画、紙版画、デジタル画、パステル画、油彩画、タピストリーなど、手法も様々。

Kaoruさんの作品はデジカメで撮った木々の写真にコピーをかけて表現したもので、このアート感覚はさすがです。

 


雑誌や個展などでも活躍中のツツミエミコさんの作品は、今度、絵本も出版されるとのことで、子どもから大人までのファンを魅了する感じが伝わってきます。
ピアノ、ギター・ヴォーカル、ベースの3人のアコースティックユニット「ぽう」のCDには、14ページの冊子形歌詞カードがついていて、ツツミさんの作品を小さな絵本みたいにして楽しめます。

  


ドイツのフランクフルトに住んでいて一時帰国中の友達も、画廊にかけつけて、その後3人で銀座1丁目の「コンフィチュール・エ・プロヴァンス」に行きました。

  


コンフィチュールとは、フランス語でジャムのこと。「コンフィチュール・エ・プロヴァンス」は南フランスのジャムの専門店ですが、ここのジャムはお砂糖を使わずに自然の甘みだけで作っていて、種類もリストを見ると90種類くらいもあります。フランボワーズ・ショコラ、洋梨・杏・アーモンド、オレンジ・グレープフルーツ・松の実、パイナップル・ミント、花梨・ピーマン・りんご・・・。 季節によってお店に置くものが変わるそうです。

2階がカフェになっていて、私たちが行った時はテレビ局の取材が入っていました。
飲み物にもジャムが入っていて、意外な取り合わせの美味しさを発見します。カフェオーレにオレンジのジャム、ロイヤルミルクティーにバナナオレンジジャム、ホットショコラにブルーベリージャムと、みんなそれぞれ違うものを頼んでみました。温かい飲み物が背の高いグラスに入って出てきて、色の層になっていてとってもきれい! 今まで味わったことのない新鮮な感覚でした。
全粒粉パンケーキには3種類のジャムがかかっていて、それぞれ素材の持ち味の生きた、それでいてあっさりとした味、ノンシュガーとは思えないような甘みもあってとっても美味しかったです。

今、コンフィチュールがブームになりつつあって、世田谷の駒沢には、モンサンクレールの辻口シェフのジャムの専門店「コンフィチュール アッシュ」も3月9日にオープンするそうです。

確かに今日は、新しい風を感じました。


コンフィチュール・エ・プロヴァンスのHP : 
http://budoo.co.jp/www/cep/
コンフィチュール アッシュの情報 : http://www.ms-clair.co.jp/


.........................................................................................................................

1, Tuesday

書くことたくさん溜まっているのに、なかなか更新できない日々を過ごしております。
先ほど、冷蔵庫の中のもので一人のお昼ご飯をすませたところ。

古代米のご飯、鶏のハーブパン粉焼き、じゃがいものグラタン、スナックエンドウ・アスパラガス・さやいんげん・赤・黄ピーマンの蒸し煮を全部ちょっとずつ。それと金柑の甘煮とケフィアヨーグルト。
こういうの、余りものとか残りものって呼ばないで、”冷蔵庫の常備菜”って言わせてほしい・・・ 

私はなぜか少食なので、これだけ食べたらもうお腹一杯。
今日も半日、がんばります。



さっき突然、デジカメ(MINOLTA Dimage7)が壊れてしまいました。コンパクトフラッシュを入れるとカードエラーと出てしまって、全く作動しない。別のを入れても同じなのでカメラ本体に問題がありそう。

お雛様をきちんと撮ってご紹介したかったのですが、とりあえず携帯で撮りました。うちのは、木目込み人形のお雛様です。

明日、デジカメは修理に出します。
夫が持って行っているもう一台のデジカメで、しばらく更新することになりそうです。






Back number ← →Next

このページのトップに戻る

Home

Diary 2005

Home