5

........................................................................................................................

31, Tuesday






時々メールで美味しいものを紹介してくれる知人から、福島の「地パン」のことを教えていただきました。
「フルーツケーキを彷彿させる余韻の長いお味」とのこと。
ネットで見ると「野草酵母使用、赤ワイン仕込みで、レーズン、白胡麻、くるみ、デーツ入り」と、ただものではなさそうなパンです。
送料を入れると2278円もするにもかかわらず、食べてみないと気がすまなくなって取り寄せました。昨日ネットで申し込んだところ、今朝の9時半に早くも到着。

包みを開けてみたら、18cmくらいのパウンド型で焼いたみたいな小さなパンでした。
「薄く切ってトーストすると香ばしくて美味しい。」と聞いていたけれど、とりあえず焼かずにそのままお味見。味は、古くなったパンっていう感じ。次にトーストしてカリカリしたところをいただいてみると、胡麻やナッツの風味が香ばしく、赤ワインの味もほのかに漂い、確かに美味しい。家にあったカマンベールチーズと一緒に食べてみても、相性が抜群でした。

でも、この小さなパンに果たして2278円の価値があるかどうかはよくわかりません。
ただ、昨日から今日までの美味しいものを求めてわくわくした気持ち、それから、どうしても味わいたかったパンを値段を気にせず取り寄せたという経験そのものが新鮮で、そんな私の時間と気持ちに支払った価値があったみたいに思っています。


本日、Menu diaryのページに、フランス料理クラスのメニューをUPしました。


........................................................................................................................

30, Monday




気がついてみたら、5月ももうすぐ終わり。
今月は色々イベントがあって、それが終わってようやく落ち着いたので、いよいよカルトナージュ作品展の準備モードに入りました。
今日は一日家にいて、共同製作のための大きな丸箱を作りました。それぞれ違う大きさの丸箱を担当して作り、ウエディングケーキのように積み上げて展示する予定です。生地はシックな麻のストライプで統一しています。


........................................................................................................................

29, Sunday




昨年のクリスマスツリーに使ったドイツトウヒの鉢植え。いつもはうまく育てられなくて枯れてしまうのに、今年になってもどんどん新芽を出して元気にしています。
次のクリスマスにも活躍してくれるといいなぁ。

Life styleページの「クリスマスの飾り」もご覧下さい。)


........................................................................................................................

28, Saturday




さつまいもを甘く煮てスイートポテトを作って、よーく冷やして、バニラアイスと一緒に混ぜながら食べる味が気に入っています。簡単料理クラスのデザートとしても、ご紹介してみました。

本日、Menu diaryのページにパンクラスと簡単料理クラスのメニュー写真をUPしました。
それから、教室の詳細ページに、6月の料理教室の日程も載せました。


........................................................................................................................

27, Friday




パスタ・ヴィエトリの期間限定、パスタ量り売りショップが渋谷のマークシティーにオープンしているので、行ってみました。あの木のアタッシュケースの実物も見れて満足。アタッシュケースの時と同じ工房にショップのディスプレイ用の箱も作ってもらったとのことで、そちらも見れます。

ちょっとずつ、色々なパスタを買ってきました。
袋の赤いロゴをデザインされたグラフィックデザイナーの方が撮られたというイタリアの街中の写真も展示してあったのですが、その写真がまた素晴らしいので、ショップにいらした方は是非お見逃しなく。




今後の期間限定ショップ 出店予定:

6月20日(月)~27日(月)  銀座三越 地下2階

7月6日(水)~12日(火)   新宿高島屋 地下1階


........................................................................................................................

26, Thursday




アイクレオのマタニティブックに料理写真とレシピを3ページ載せた仕事(5月17日のダイアリーに書きました。)の原稿料が入ったので、初仕事の記念にパソコンを買いました。

5ヶ月前に私のパソコンが壊れて以来、子ども達用のパソコンを借りるようになって、テレビのチャンネル争いみたいに3人でパソコンバトルの日々。これでお互い、ようやく落ち着けそうです。


........................................................................................................................

25, Wednesday

ここ数日、ばたばたと忙しくしていたので家の中がすごーく散らかってしまい、とうとう我慢の限界。ようやく思い切り掃除しました。
家事をてきぱきやりたい時のBGMは、ジャズギタリストの小沼ようすけがすすめなんですよ。彼の音楽は、ジャズ、ロック、パンクの融合みたいな感じで、ギターの音やリズム、旋律、すべて好きで前からファンなんです。ライブも行ったりしたけど、最高です。
前にダイアリーでご紹介した写真家の宅間國博さんも小沼ようすけのファンみたいで、ライブに行った話とかHPに書いてありました。

彼のCDは全部いいけれど、私は特にnu jazzが好きです。
↓ こちらのサイトで試聴できます。

www.sonymusic.co.jp/Music/Jazz/Artist/YosukeOnuma/

さてさて、掃除の話に戻りますが、カルトナージュの材料は一式、海外旅行用のスーツケースに入れていたのだけれど、最近ちょっと増えてきて、整理しないと収まらない感じ。
その他もろもろ、どうしてこうも色々物が増えちゃうんでしょう。
ネット友達のショコラさんのブログに書いてあるように、目標は「減らす、買わない、すっきり暮らす!!」につきますよね。

子どもの友達も、小学生になると子ども達だけで遊びに来るから、多少部屋が片付いてなくても、まあ、子どもだけだからいいか、とかついつい気を抜いてしまって。幼稚園の時はママたちも一緒だったりお迎えとかで必ず寄るから、少し掃除しておくとかそれなりに気を使ってたんですけどね。
うちの子ども達は2人とも近所の公立の小学校と中学校に通っているから、近所にお友達がいっぱい住んでいます。だから、ほとんど毎日のように子どもの友達が遊びに来ますが、今日はさすがに、これはたとえ子どもだけでも掃除しないとまずい状況だわと思って、ようやくすっきり片付けました。
明日はフランス料理の教室もあるから、掃除は必須。でも、このきれいな状況も3日も経つとまたすぐ散らかってくるのはどうしてなんでしょうね。




今日は息子と娘の両方とも、お友達が遊びに来たのでこんなおやつ出しました。
子ども達はおいしそうって喜んでくれたけど、実は冷凍してあったチョコレートスポンジの残りと、いちごとMOWバニラアイスに、ハーシーのチョコシロップとポテトのスナック菓子のせた、一見手作り風(?)のおやつでした。


........................................................................................................................

24,Tuesday




Marks & Webハーバルバスパウダーが好きです。
お湯がとってもゆるやかなめらかになって、普通の入浴剤とはちょっと違う感じ。香りが6種類ありますが、私はゼラニウムを特に気に入っています。

毎日使うとすぐなくなってしまうので、悲しい時に自分をなぐさめるためとか、本当に疲れた時に頑張った自分へのごほうびみたいにして、時々なめらかなお湯を楽しんでいます。


........................................................................................................................

23, Monday




オリヴェットでの2回目のカルトナージュ講習会を開きました。

オーナーのご主人様が、なんとオリーブの箱を作られたということで見せていただきました。
1回目の講習会の時に、そばで何気なくご覧になっていて作り方を覚えられたようです。
きれいに仕上がっていて、カルトナージュを作られる男の方には初めてお会いしたので新鮮な感動がありました。



オリヴェットでのレッスンも2回目なので私もだんだん慣れてきて、今日は前よりもリラックスしてできました。
8名の生徒さんの中には、私のホームページをご覧になっていらした方も何人かいて、メールやBBSでお話したこともあるので、初めてお会いしたとは思えない気がしました。
 
デンマークの小箱「エスカ」を作られている方もいらしていて、フランスのカルトナージュとの違いなどを伺いました。エスカは蓋の上に小さな刺繍が入り、蓋のスタイルもお菓子箱のような形、生地は裏打ちしてある製本用クロスなどを使うそうです。



生地をカットしてあったので今日は予定時間通りに進み、2時間を過ぎた頃から続々と箱が仕上がりました。
皆さん無事にきれいなオリーブの箱ができて、和やかな雰囲気のレッスンでした。

オーナーの方から、このカルトナージュ講座を季節ごとにやってもらいたいと言っていただきました。
そこで、次回は9月にティッシュボックスを作る講座を開くことになりそうです。

........................................................................................................................

22, Sunday




日曜日。家族はそれぞれ自分達の用事でおでかけ。夫は仕事の打ち合わせ、息子は友達の家、娘はお友達に誘われてお台場の「船の科学館」へ。(お友達のママも一緒です)

私は、明日のオリヴェットでのカルトナージュ講習会のキットの準備。
オリーブの生地は柄選びが重要で、それを考えながらカットしていると思ったよりもずいぶん時間がかかったので、1回目の講習会がかなり長引いてしまったのもようやく納得。2回目のレッスンは、前もって私がカットした生地を使うことにしました。

1回目の講習会のために2mm厚さのチップボール紙を10セット分の20枚、私が自分でカッターで切ったら、かなりの体力を消耗してしまったので、2回目では、すでに箱のサイズ通りに切ってあるものを成城教室の先生が取り寄せられているので、それを分けていただいて使うことにしました。(自分でカットすると材料費が5分の1ですみますが、枚数が多かったので体力の限界を感じてしまいました。)
あとは裏打ち用のケント紙、リボン、紙テープを切り分け、箱の作り方の紙をプリントして準備完了です。
いつもキットを作って用意して下さっていた、成城教室のカルトナージュの先生のご苦労が初めてわかりました。


私は昔から、人にものを教えるということがなぜか好きでした。学生時代の家庭教師のバイトも大好きでたくさんやったし、料理教室でも教えるということそのものに幸せを感じてしまうタイプ。カルトナージュも思いがけず、勉強中の身でありながらも教えさせていただくという機会に恵まれ、そのためにはますます勉強しなければならないので、教えることによって私自身が成長させていただいているように思います。


........................................................................................................................

21, Saturday

自宅でカルトナージュのレッスンをしました。今回はダストボックスです。
リビングでは、リバティープリントで作ったカルトナージュのダストボックスを、もうずいぶん長く使っています。
先日、吉祥寺のコットンフィールドでオリーブ柄の生地とリボンを買ってきたので、今日のレッスンの見本に、写真のダストボックスを作ってみました。中はスキバルテックスという、表面が皮調の加工がしてある紙を使っています。

カルトナージュのレッスンの方法には2通りあって、厚紙や生地などをすべてカットしてあるキットを使う場合と、材料を1からすべて自分でカットするところから作る場合があります。
私が最初に通った教室は、先生が作って用意して下さったキットを使うので、2時間くらいで1つの作品が出来上がります。
広岡ちはる先生の教室は、材料もすべて自分で調達していき、厚紙に製図してカットするところからすべて自分で作ります。この方法だと箱などを1つ作るのに、だいたい4時間くらいかかります。

どちらの方法でもそれぞれによい点があります。キットでレッスンする場合は、時間が早くできて、先生がお持ちののすてきな生地の中から選んで使えます。すべて始めから作る場合は、製図やカットをすることによって、カルトナージュの構造が理解できて応用がつけやすくなります。

私の自宅でのカルトナージュのレッスンでは、始めの頃はキットを使っていましたが、最近は生徒さんに生地などの材料を持ってきていただいて、ボール紙やキルト綿などだけこちらで用意しておきます。それから、生徒さんがボール紙や生地をカットするところからすべてやっていただくので、1回のレッスンは4時間くらいです。

今日は生徒さんが作業されている合間に、私はパンこね器で生地をこね、パルメザンチーズのプチパンとアーモンドとチョコチップのロールパンを作りました。冷たく冷やした凍頂ウーロン茶といっしょにみんなで食べました。



........................................................................................................................

20, Friday




横浜のオリヴェットでの1回目のカルトナージュ講習会で、オリーブの箱の作り方をご紹介しました。

料理教室やカルトナージュ教室は、いつもやっているから慣れているつもりでいたけれど、今日はレッスンするのは初めての場所だったし、9名の生徒さんも初めてお会いする方が多かったので、とっても緊張しました。

いつも家でしているレッスンは、お友達が家に来てくれてみんなで一緒にお料理や箱作りをしているといった気持ちだったのですが、今日はなんとなく、「私、仕事してるみたい」という気がしました。どちらも仕事といえば仕事なんですが、家で長年の付き合いの生徒さんたちと一緒だと、いつのまにかお友達になってるみたいな自分に気がつきました。

 
 
今日の生徒さんたちは皆さんとっても感じのいい方で気持ちよくレッスンできましたが、オリーブの生地の柄選びはご本人にしていただいた方がお好みの箱が出来上がるのではと思って、カットしていない生地を使ったら、終了予定時間をかなりオーバーしてしまいました。
でも、皆さん全員、無事にきれいに箱が仕上がって、ほっとしました。

オリヴェットのオーナーの方はフランス料理の先生なので、手作りのチョコレートケーキやクッキーなどがすごく美味しくて
レッスンの後のティータイムもとても楽しませていただきました。


........................................................................................................................

22, Sunday




オリヴェットでの1回目のカルトナージュ講習会は、おかげ様で無事に終わり、明日は2回目をする予定です。
ここ数日、講習会用のカルトナージュのキット作り(20個分)に全 体力を使っており、ホームページの更新がなかなかできませんでした。書きたいことや載せたい写真がたまっているので、講習会が終わったら、まとめてUPしますね。

写真のティーポットは、オリヴェットで見せていただいたピンクッションなんですよ。かわいいでしょう。大きさは、直径8cmくらいだったと思います。

では、明日の講習会、頑張ります。



.........................................................................................................................

19, Thursday




料理教室のパンクラスのレッスンをしました。
メニューは、オレンジとチョコチップのライ麦パン、くるみとレーズンのライ麦パン、さつまいもと挽き肉のスパゲティでした。

今月のフランス料理クラスのデザートに使ったオレンジのコンポートを刻んで、チョコチップと一緒にパンに入れて焼いたらとっても美味しかったから、パンクラスでは、できたてほやほやのオリジナルパンをご紹介しました。
白いパンでも試作してみたけれど、ライ麦パンで作った方が気に入っています。

明日は横浜のオリヴェットでカルトナージュ講習会を開くので、その準備で忙しい・・・

Menu Diaryには、後日upしますね。


.........................................................................................................................

18, Wednesday




カルトナージュの材料を買いに、吉祥寺に行きました。
コットン・フィールドで生地を、ユザワヤで極厚のキルト綿や紙を買うというのがいつものお決まりのコース。

コットン・フィールドを出たところで、向かいのビルを写真に撮ってみました。


.........................................................................................................................

17, Tuesday

粉ミルクの会社、アイクレオ(株)のマタニティブックに料理を載せる仕事は、今日、最終の原稿校正を済ませ、私の仕事が終わりました。後は、5月末に印刷が出来上がるのを待つばかりです。(3月15日のダイアリーに、このお仕事をいただいた時の話を書きました。)

このマタニティブックは全国の病院の産婦人科に置かれ、年間4万部、5年間で20万部発行の予定だそうです。
編集デザインは、(株)キャップスアソーシエーションに協力していただきました。
結局私は、編集者やデザイナーの方と一度もお会いすることなく、打ち合わせはすべてメールか電話で、撮った料理写真は数が多かったのでCDロムにして宅急便で送りました。


その後、原稿のレイアウト見本などを宅急便で送っていただき、校正を何度か繰り返しました。
以前に、私が料理を作ってそれをカメラマンに撮っていただいて、雑誌や本にのせるというお仕事は少しやったことがありましたが、今回のように料理を作り、セッティングして、写真を撮るということをすべて1人でしたことは初めてのことで、とっても勉強になりました


料理教室やホームページは100パーセント自分の好きなようにできますが、今回のような仕事となると、先方の要望を聞くという意味でもずいぶん違いました。




最初に、私が提案した料理写真を送った時、先方の反応は「写真がきれいすぎて、始めから作るのをあきらめてしまいそうな感じがするので、もう少し和食のメニューも取り入れて、作りやすそうなものを。」ということでした。

確かに病院の栄養指導でも使われたりする本なので、そのような趣旨をもっと理解するべきだったことに気がつきました。

その後、編集者の方とメールでの打ち合わせを重ね、最終的に栄養士さんのご意見も聞いて、OKをいただいたものを作ることになりました。妊婦さんのためのメニューなので、低カロリー、低脂肪、高栄養のメニューになっています。



アイクレオの編集担当の方は、以前に私の料理教室の生徒さんだった方なのですが、彼女の優しい心使いのおかげでいつも気持ちよく仕事ができ、とてもありがたかったです。
今回は、私にとってカメラを使った初めてのお仕事で、まだまだ反省すべき点が多々ありますが、無事に終えられてほっとしています。



.........................................................................................................................

16, Monday




6日前のダイアリーにクッキー型の写真をのせて、「最近、私はこんな気分・・・」と書いて以来、自分の心境を語った日が多かったせいか、皆様からBBSのコメントやメールを色々いただきました。
やはり、少々お疲れ気味では?とのご指摘が多かったのですが、ご心配をいただいて、ありがとうございました。

4日前のダイアリーに、クッキー型の写真の解説を少し書かせていただきましたが、拙い文章で、なかなか意図したところがうまく伝えられたかどうか・・・

「どんよりとした澄んだ空気感」を伝えたかったと書きましたが、この言葉、「どんよりとした」と「澄んだ」というのは、ほとんど反対の意味ですよね。これは、青空の写真は「クリアな幸せ」、クッキー型の写真は「あいまいな幸せ」という感じで、ネガティブな意味合いは全くなかったつもりなんです。
3日前のソファーの写真も色のトーンが渋かったし、やっぱり疲れてるのかなとご心配いただいたりしてしまいました。
私は1日の時間の中で、ソファーでゆったりしている時が一番好きで、メールするのもパソコンできっちりメールするよりソファーでくつろぎながら携帯でする方が好きです。仕事関係のメールなどで送信や着信の履歴の内容を残しておきたい時は、やはりパソコンでしますが、プライベートでは、携帯メールを使うことが多いです。
私が使っているauの携帯は、文字数制限を気にせずかなり長く打てるみたいなので、先日は、数えてみたら3000文字の長文メール送ってしまいました。それでふと、ソファーの写真を載せてみようかなと思ったわけなんです。


というわけで、色々ご心配をおかけしましたが、実は私はとっても元気です!


.........................................................................................................................

15, Sunday




写真は心の鏡?


.........................................................................................................................

14, Saturday




私としては珍しくハードスケジュールの1日でした。
午前中、息子の中学校のPTA役員会に。今年、成り行きで広報委員をすることになったので。3年間の在学中に1度は役員を担当することになるので、出来る時にやっておこうという気持ちでお引き受けしました。

その後、家で料理教室。フランス料理クラスのレッスンをしました。
終わってから、写真講座のメンバーが集まってグループ展の相談をするということで、久しぶりに夜の新宿へ。
子どもができてから、夜の外出は全くできなくなりましたが、家族との話し合いの結果、去年くらいからようやく月に1回くらいのペースで夜の自由な時間が持てるようになりました。クラス会やライブに行ったり、今夜みたいな集まりに参加したり。そんな時はいつも、夜に自由に街を歩けた若い頃を懐かしく思い出します。
今みたいに背負うものがあると、大切なものへの責任と自由への願望との間で心が揺れ動きます。


.........................................................................................................................

13, Friday



ソファーにすわって、携帯メールしてるのが好き。


.........................................................................................................................

12, Thursday

 


2日前のダイアリーに載せたクッキー型の写真(右の写真)に「最近、私はこんな気分・・・」と書いたら、BBSにどんな気分なのかというご質問をいただきました。

やっぱりわかりにくかったですよね。
私がこの写真で伝えたかったのは、どんよりとした澄んだ空気感です。それと対照的な写真を、例として左に載せてみました。こんな気分の時もありますが、今はやっぱり右の写真の心境・・・。

写真で気持ちを伝えるって、なかなか難しいですね。そのうち、もう少しわかってもらえるような写真を撮れるように頑張ります。




.........................................................................................................................

11, Wednesday




新百合ヶ丘での広岡ちはる先生のカルトナージュ講座に行ってきました。

6月の作品展の準備も着々と進んできました。私は共同製作に出品する作品が4種類、それの他に個人としてもちょっと出す予定です。
この共同製作って言うのが、なかなかすごいんです。コーナーごとにテーマが決まっていて、エキサイティングな展覧会になりそうで楽しみですよ。

今日は、作品展のご案内のポストカードが出来ていて、受け取ってきました。
カルトナージュにご興味ある方は、是非いらしてくださいね。
よろしくお願いします。



.........................................................................................................................

10, Tuesday

  



葉っぱの形のクッキーの抜き型。形がおしゃれで気に入っています。 時々行く自由が丘の製菓器具と材料のお店「Grand Chef」で買ったものです。
粉糖で作るシンプルなクッキーが好きです。













最近、私はこんな気分・・・


.........................................................................................................................

9, Monday




息子の幼稚園の時のママ友達と3人で、駒込の「旧古川庭園」に行きました。
バラで有名な洋風庭園、そして日本庭園、この土地はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、宗光の次男が古河財閥の養子になってから古河家の所有するところとなったそうです。

鹿鳴館、ニコライ堂などを手がけたイギリス人建築家のジョサイア・コンドル設計の洋館もとても素晴らしく、往復はがきで申し込むと中を見学することが出来ます。洋館の中に和室がうまく組み込まれているのも印象的でした。日本でのコンドル設計の40邸の洋館の中で、和室があるのが4邸で、現存するのが古河邸唯一つになっているそうで、貴重な存在です。


1階のサロンや食堂、テラスはカフェにもなっているので、約1時間の見学コースの後、美味しいフルーツケーキでゆったりとくつろいできました。

今日、一緒に行った友達は東京のお散歩名所に詳しくて、以前にこのホームページでご紹介した「江東区深川江戸資料館」Favoritesページ「江東区深川江戸資料館」をご覧下さい。)にも案内してくれた人です。今回もさすがに彼女のお薦めの場所だけあって、東京にこんなにいいところがあったとは知らず、本当に来てよかったぁって思いました。


.........................................................................................................................

8, Sunday




昨日は久しぶりに体調優れず、家で休養の1日でしたが、今日は元気回復!
有楽町の東京国際フォーラムでの「村田朋泰作品上映会」に行ってきました。

会場に着いたら、すでに入場待ちの人達の列が。中に入ったら、お客様はほぼ満員で、学生さん主催のイベントだけあっておしゃれな若者でいっぱい。

 

作品上映とトークショーでは村田さんのほのぼのした温かい作品とお人柄に触れ、それからミスチルのHEROのプロモーションビデオに使われた「白の路」に合わせて、ピアノとアコーデオンユニットlost&foundのライブも聴けて、2時間半があっという間に過ぎていったようなとても楽しいイベントでした。


クッキー作りのご縁で、思いがけずこんなにすてきなイベントに来ることができて、人生何があるかわからないものだなぁとしみじみ思いました。
バンタンの学生さん、イベントも盛況で本当によかったですね。お疲れ様でした。


.........................................................................................................................

7, Saturday



MorinagaエスキモーのMOW ミルクバニラ。 あっさりしているのにこくがあって、ミルクの味が懐かしい感じで気に入っています。コンビニやスーパーで買えます。


.........................................................................................................................

6, Friday




昨日製作したクッキーとHPのフライヤーを、恵比寿のバンタン映画映像学院まで車で届けに行きました。
学生さんたちとすっかり仲良しになった娘も、またお姉さま方に会いたいということで、一緒に行きました。

届いたクッキーを見て、学生さんやスタッフの方もとっても喜んで下さって、お手伝いできてよかったって思いました。
イベントにご招待していただいたので、あさって娘と一緒に行って来ます。


作品上映会の詳細は、こちらです。ブログもあります。

イベントで配られる予定のHPのフライヤーは、こんな感じに作ってみました。

村田さんのファンは25〜35歳の女性が多いそうですが、今回のイベントでは高校生のファンにも来てほしいとの意向で、制服着用の人には入場券の学割があるそうです。
当日券もありますので、ご興味のある方はいらして下さいね。



.........................................................................................................................

5, Thursday




クッキーのお披露目みたいですが。
バンタン映画映像学院」の学生さん達と一緒に、写真のクッキーを160枚焼きました。


このクッキーは、5月8日(日)午後1時30分から東京国際フォーラムで催される「村田朋泰作品上映会」で、140人のお客様全員に配られる予定です。
村田朋康氏は、Mr.Childrenのプロモーションビデオも手がけているアニメーション作家で、クッキーはその中のキャラクターです。



このイベントは、映画配給会社(株)ギャガ・コミュニケーションズからバンタン映画映像学院の学生さんが授業の一環として企画を委託されて始まったそうです。


3月に、HPをご覧になったクッキー担当の学生さんからメールをいただき、私がクッキー作りの指導をすることになりました。イベントではHPの紹介をして下さるというタイアップの形でのお手伝いです。
それで、イベントのパンフレットやチラシ(フライヤーって言うそうですね。)に、「クッキー提供
 "Living room cafe"  www.livicafe.com」(提供ではなくて指導だけなんですが、なぜかそう書いてありました。)と印刷して下さったり、会場での配布物にHPのフライヤーを入れていただくことになりました。

午後1時から、うちにバンタンの女子学生さんが7人集まり、クッキー作りが始まりました。



クッキーのキャラクターに選ばれたのは、村田朋泰氏の作品の「白の路」などに出てくる男の人(名前はついていないようです)の顔です。作業はほとんど粘土細工の世界ですが、1枚1枚丁寧に白と黒(ココア)の生地で形作っていくので、結構時間がかかります。



3時半に、チョコチップアーモンドケーキとミルクティーでちょっとだけ休憩。
さらに延々作り続けて・・・


途中で私はパンこね機で、ピザの生地もこね始め、7時半にピザと豆のサラダで休憩。









さらにひたすら作り続けて、10時半についに完成!!
途中からは娘もクッキー作りに参加させてもらって、優しいお姉さま方といっぱいお話して嬉しくて仕方がない感じ。私もさわやかな女子学生さんたちと一緒に過ごせて、達成感もあってとっても楽しい1日でした。



.......................................................................................................................

3, Tuesday





ゴールデンウィーク中は、普段は車の渋滞を警戒してあまり遠出しないのですが、夫が珍しく(?)自然を見に出かけようと言ってくれたので、「富士山こどもの国」まで家族でドライブに行くことになりました。

富士山こどもの国」は、何年か前にロッジに泊まりに行ったこともありますが、水の国、草原の国、街のエリアに分かれていて、子ども達はめいっぱい大自然の中で遊べてとても気に入っています。他の「こどもの国」に比べると新しいので、施設も遊具もなかなかおしゃれです。

久しぶりに行こうということになったのはいいのだけれど、用賀インターから東名高速に乗ろうとしたら、通常10分で行ける横浜都筑まで90分との標示。仕方がないので横浜町田まで、下の道(246)で行ってから高速に乗ったら、ところどころ渋滞はあったもののまずまずの車の流れ。

ところが!御殿場インターで降りてこどもの国へ向かおうとしたら、途中から渋滞にはまってしまい、全く動かない。
家から2時間ちょっとで着くはずのところが、4時間半経っているのに、先に進めずこの先いったい何時間かかるかわからない感じ。こどもの国は5時で閉まってしまうので、途中で行くのをあきらめました。
Uターンして走っていたら、富士山の景色がすごくいい広大な草原を発見(上の写真の右下です)。そこを散策して、行き当たりばったりに露天風呂に行って、御殿場地ビールとソーセージが名物というビヤホールレストランで食事して帰ってきました。(私はお酒が飲めないので、こうい時に帰りの運転ができて結構便利?なんです。)

やっぱりゴールデンウィークは、車で遠出するにはかなりの覚悟が必要みたいですね。


.........................................................................................................................

3, Tuesday




2ヶ月間通った写真講座がとってもよかったから、終わってしまうと名残惜しくて、日々ぼーっとして過ごしています。
これからどうやって前に進んだらいいのかなと・・・


.........................................................................................................................

2, Monday




六本木ヒルズの毛利庭園では、今、つつじが満開です。
今日はゴールデンウイークの中日。子ども達の学校は6時限までしっかりあったので、私は3日前に行った六本木ヒルズのTSUTAYAに再び行きました。

前回行った時は子ども達も一緒であまりゆっくりできなかったので、今日は1人で行ってみました。写真の本、建築の本、料理の本など、日本の本も洋書もいいものがたくさんあって、そして店内の色々なところに椅子やソファーがあるから、本当にゆったりと本が読めました。
うちの近所にもTSUTAYAがあるのでいつも行っていますが、ヒルズの店は、アンテナショップのように特別の品揃えがしてあって、普通のTSUTAYAとはずいぶん違う感じです。

店内には貼り紙がしてあって、『(スターバックスの)テーブル席で本を読んでかまいません。ただし外(のテラス席)には本を持ち出さないで下さい。』 と書いてあるくらいだから、本当に図書館みたいに自由に本が読める書店らしいです。
それでいて、めったにお目にかかれないようないい本がたくさんあるので、これからも時間が空いた時には1人で通ってしまいそうです。


.........................................................................................................................

1, Sunday




横浜・仲町台の「オリヴェット」で私が教える予定のオリーブの箱です。
おかげ様で5月20日のクラスは定員の10名になり、もう少しご希望の方もいらっしゃるとのことで、5月23日にも新たに講習会をすることになりそうです。どうぞよろしくお願い致します。
(オリヴェットでのカルトナージュ講習会の詳細は、Favoritesページの「ワイン色のココット」をご覧下さい。)

このオリーブの生地は評判がいいみたいで、材料を分けてほしいというメールも色々いただきました。生地などはまだ在庫がありますので、ご希望の方はメール下さいね。



Back number←  →Next

このページのトップに戻る

Home

Diary 2005
Home
6

Back number
4

3

2

1, 2005

12

11

10

9, 2004