Diary 2005


6

................................................................................................................

30, Thursday



料理教室の簡単料理クラスのレッスンをしました。
メニューは、蒸し茄子と厚揚げの中華風、高菜と豚肉の炒飯、新玉葱とスナックえんどうのサラダ、杏のゼリー。

本日、Menu diaryに簡単料理クラスのメニューをUPしました。
それから、Cartonnage galleryに、私が作品展に出品した共同製作の作品を載せました



.................................................................................................................

29, Wednesday




新しく、カルトナージュのページを作りました。
今日はまず、作品展に出品した私の個人作品をのせてみました。

トップページからも入れます。

Cartonnageのページへ


.................................................................................................................

28, Tuesday



南仏プロヴァンス、プティ・ヴィラージュ社の蜂蜜をいただき、あまりのおいしさに感嘆。
ラベンダー、フランスアカシア、ローズマリーなど5種類あって、すべて南仏プロヴァンスで生育する花から取られた純粋な蜂蜜とのこと。
蜂蜜って、いいものは本当に味が違います。



.................................................................................................................

27, Monday

今まで
Diaryに載せてきました写真を抜粋して、Photo galleryのページを作りました。



カルトナージュ作品展に出品したアルバムの写真集の内容とほぼ同じです。
トップページからも入れますので、よろしくお願いします。


Photo gallery
のページへ



.................................................................................................................

26, Sunday





カルトナージュの作品展が終わりました。
こんなにたくさんの方々にカルトナージュや写真の作品を見ていただいて、感想を聞かせていただけたことは初めてのことで、やはり参加できて本当によかったと思いました。
お忙しい中、作品展にいらしてくださった皆様、そして、会場へはいらっしゃれなくても応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

それから、グループ展のメンバーの皆様、お疲れ様でした。私は入ったばかりで何も分からない状態で参加させていただいたのですが、先輩の皆様の温かいご指導のおかげで共同製作の企画に参加させていただいて、作品を仕上げることができ、本当にお世話になりました。また、広岡先生のお力とお心遣いが大きな支えとなって、グループ展を皆で成し遂げることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

一つの目標が終わると、お祭りの後みたいにちょっと気が抜けたようなほっとしたような、高揚さめやらぬ気分。
さて、明日からはまたいつもの生活。でも、作品展という道を通ったら今までとは何か意識が違っているみたいな気がしています。それが何なのかはまだよく分からないけれど、少なくとも、カルトナージュにもっとまじめに取り組もうみたいなそんな気持ちになっています。


.................................................................................................................

25, Saturday



久々に夜の外出で新宿へ。
渡部さとる写真ワークショップのメンバーが集まって、グループ展の準備のための話し合いをしました。

その結果、
平成17年11月29日〜12月4日、渋谷 ギャラリー・ルデコ2Fにて、10名のグループで写真の作品展を開くことになりました。私も少し出品しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
また、近くなって詳細決まり次第、お知らせしますね。


カルトナージュの作品展の方は、早くも明日で最終日。たくさんのお客様にいらしていただいて、私も嬉しいです。

広岡先生の作品を間近に見れたのも、すごく貴重な経験でした。
今回の先生の出品作品は、1920〜40年代のパリのモード新聞を額の中に使い、その中に立体的な箱の棚をつけて色糸などを飾ったり、洋服の型紙の形の鏡を入れたりしてあり、、その斬新でおしゃれな発想は本当に感動的でさすがです。
フランスの蚤の市などで材料を揃えられたそうです。

私にとって初めての作品展でしたが、1月にNHKのおしゃれ工房で広岡先生の番組を見て、それから先生の講座に通わせていただくことになって、作品展にも参加させていただいてと、この半年間でカルトナージュの存在が自分の中でどんどん大きくなってきたみたいに感じます。

今度、このホームページの中に、カルトナージュのページを新たに作ってみようかなと考え始めています。


.................................................................................................................

23, Thursday



作品展2日目。
今日はフランス料理の教室をしたので、その後で生徒さん達を作品展にご案内しました。
写真の額は私が出品したもので、ブルーのプロヴァンスの生地と黄緑色の紙で2重に額装してあります。

今回の額装は刺繍をテーマに統一していて、皆さんすごく刺繍も上手な方が多くてすばらしい作品に仕上がっていますが、私は刺繍は経験がないので、額装の中に入れる作品は刺繍作家の森れいこさんにお願いしました。
私が持参した額装を見ながら、森さんがコンピュータで額に合わせてオリーブの枝とエスパドリーユをデザインして下さいました。それをコンピュータとつながっている大きなロボットみたいなミシンが6色の糸を操って自動的に刺繍してくれます。
森さんのアドバイスで、額の周りも刺繍作品と同じリネンの生地で覆いました。

作品展では刺繍を使ったものしては、刺繍の額のコーナー(大作揃いです)と、卵をモチーフにした赤と白のクロスステッチで統一したコーナーがあります。赤と白のステッチの入った掛け時計、キーボックス、レターラックなどが壁一面に展示されていて、すごくかわいらしいです。

それから、箱や引き出しのふたに一面に刺繍したものや、スキバルテクス(皮に見える紙)で作られた手帳を開くと中が刺繍糸の色見本帳になっているものなどもあり、カルトナージュと刺繍の密接な関係をうかがわせます。

友達や生徒さんなど毎日どなたかは来てくれるので、結局私は会期中、毎日会場に通うことになりそうです。


.................................................................................................................

22, Wednesday



カルトナージュ作品展が始まりました。

お当番なので朝一で会場に入り緊張してお客様を待っていると、あいにくのお天気にもかかわらず、お客様が続々といらして下さって盛況な作品展でした。
皆さんカルトナージュが大好きな方々ばかりなので、作品を一つ一つすごく丁寧に見て下さるし、色々お話できて私自身もとっても楽しかったです。

作品展の写真は著作権の関係でこちらでご紹介するのが難しいようなので、私が出品したアルバムの写真を載せてみました。黄色いオリーブの柄の南仏プロヴァンスの生地で作りました。中は写真集にしてあるので、会場にいらした方は、お手にとって中も見ていだだけるようになっています。

そのほかに私が出品したものは、
*ブルーのプロヴァンス生地の額装。中には刺繍作家の森れいこさんに作っていただいた刺繍の作品を入れました。エスパドリーユとオリーブの枝の刺繍になっています。

*表紙をモスグリーンに黄色の小花模様の生地で作った、じゃばら型写真スタンド。 アコーデオンのように広がって、両面で14枚の写真が見れるようになっています。私は、Living room cafeのカレンダーをポストカードの大きさにプリントしたものを飾りました。

*ピンクと水色の柄の生地で作ったファイルケース。縁取りは麻の布を使っています。
 この生地はどこで買ったのかと、展覧会にいらした何人かのお客様から聞かれました。かわいらしいイメージのちょっと珍しい感じの生地かもしれません。二子玉川の「Craf」で買ったものです。とてもおしゃれな手芸用品を置いているお店なので、気に入っています。

そのほかに共同作品として、
*壁掛け式のツインフォトフレーム。デザートの写真を入れてみました。

*30cmの丸箱と20×30cmの四角い箱。どちらも色々な大きさの箱を高く積み上げてリボンをかけて、ウエディングケーキのようなイメージでディスプレイされています。

*壁にかけるフレーム型オブジェ 2つ。 皆が作ったオブジェが壁一面に並んでいると、北欧デザインぽくてとってもすてきなんです。

こうして数えてみると9つ出品していることになりますが、ここのところ、本当にカルトナージュを作っている時間が多いなぁと思っていたのですが、やはり作品展に参加することの大変さと楽しさを実感しています。

.................................................................................................................

21, Tuesday







カルトナージュの作品展も、いよいよ明日からとなりました。今日は朝から全員で作品の運び込みと設置をしました。

明日からの作品展、きっと楽しめることと思いますので、皆様どうぞよろしくお願いします。


........................................................................................................................

18, Saturday




今日は午後からフランス料理クラスのレッスンをして、夕方から、娘と一緒に二子玉川まで往復50分のダイエットサイクリング。

玉川高島屋で色々お買い物をしていたら8時を回ってしまったので、これはめったにないチャンスと、友達から聞いていて前から行きたかった「鮎ラーメン」へ。平日は夜8時から、日曜と祭日は夜6時からの営業なので、行きたくてもなかなか行けなかったのですが、念願かなって鮎ラーメン、食べてきました。

はっきり言って感動しました。あんまりおいしくて・・・
飛騨高山の鮎の出汁で取ったスープは、本当にあっさりしていてやさしい味。全然魚っぽくないんです。トッピングの鮎の一夜干しはその場で焼きたてで、香り高くておいしいこと! 
それから、鮎のお出しで炊いたご飯で作った「鮎焼きおにぎり」、鮎がたっぷり入っていて一口食べるとぷーーんと鮎の味そのもので、これにも感動!
久々に心からおいしいものに出会って、舌も心も癒されてしまいました




カウンター7席だけのお店のインテリアは、隠れ屋風のカフェバーみたいで、超おしゃれ。店員さんのユニフォームは45rpmというブランドに特注したもので、「鮎」という刺繍が入っているのですが、一着一着刺繍の場所が違うそうです。
35分、並んで待ちましたが、3名の店員さんのさわやかな応対にも、お店の心意気を感じました。


........................................................................................................................

17, Friday



決心が強いほど、心は冷静でいられる。
そして、一筋の新しい光を感じてる。


........................................................................................................................

16, Thursday



始まりと終わりは、突然にやって来る。
それが人生の数式かもしれない。


........................................................................................................................

15, Wednesday



あいまいな幸せを感じていると、時間が経つのがとっても早いのはなぜ?

........................................................................................................................

14, Tuesday



お友達と3人で、二子玉川に行きました。
とっても親しい友達で、いつもこのホームページも見てくれている彼女達。私が話さなくても、私のことをよく知っていてくれるから、HPって不思議なもの。
でも、「進みたい道」についての話は、何も聞かないでいてくれた。きっと私の不安な気持ち、わかってくれていたんだなって思って嬉しかった。


........................................................................................................................

13, Monday



昨日のダイアリーで、意味ありげな書き方をしてしまったので、皆さん気になってしまいましたよね。本当にごめんなさい。
でも、まだ形になっていないから、もう少しちゃんと形になってきたら、詳しく書きますね。
その日が近いことを願って・・・


........................................................................................................................

12, Sunday



今日は、とてもいいことがありました。
私がこれから進みたい道を、みつけたかもしれない・・・
でもそれが何かは、まだ秘密にさせてください。
言ってしまうと、それが遠くに行ってしまうみたいで不安だから。。


........................................................................................................................

11, Saturday



息子の中学校の運動会でした。
今年はPTAの広報役員として、運動会速報の学校新聞を作るために俄か一日報道カメラマンの気分を味わいました。なにしろ広報の腕章をつけているので、トラックの中に入って自由に写真が撮れるという恵まれた状況。これほどベストポジションから写真が撮れるラッキーな運動会は、たぶん一生に一度のことでしょう。

担当の広報役員6人で写真を撮り、運動会が終わった後で夕方から役員の家に集まって、編集作業をしました。私の写真もいろいろ使ってもらえたので、こんな形で息子の中学校のお役に立てるなんて、嬉しい限りです。

ご紹介したい写真はいろいろあるのですが、子ども達の肖像権の問題でご本人の了解がないとHPに出すのは難しいようなので、後ろ姿の写真をちょっと載せてみました。




........................................................................................................................

10, Friday




写真が好きなお友達を誘って、「木村伊兵衛写真賞の30年」の写真展を見に行きました。
木村伊兵衛写真賞は「写真界の芥川賞」とも言われている、写真家の登竜門のような賞ですが、今回は歴代の受賞者26人全員の作品を一堂に会するすごい展覧会でした。


木村伊兵衛のパリの車がミニカーみたいに見える写真や、20代で受賞した蜷川実花の色使いの美しさや、今年の受賞者、中野正貴の「東京窓景」(窓枠の中から見る東京の景色)のアイデアに感動して帰ってきました。
6月19日(日)まで、川崎市市民ミュージアムで開催されています。いい写真にたくさん触れることで、自分の感性が磨かれたような気持ちになれるので、いい機会ですよ。




........................................................................................................................

9, Thursday




うちの近くにある、刺繍バッグとカルトナージュのお店「Love letter」。3月25日のダイアリーでもご紹介しましたが、刺繍作家の森れいこさんのお店です。
森さんは、「リネンに刺繍」というすてきな本を出されたり、NHKのおしゃれ工房にも出演されたりと、ご活躍中の方ですが、私はカルトナージュの材料を分けていただいたり、バッグ作りを習ったことがあります。

そこで、ふと思いついたのですが、作品展に出品したい額装の中に飾るものを刺繍の入った生地にすることにしましたが、それを森さんにお願いできないかしらと・・・

さっそく額を持ってLove letterに行ったところ、快くお引き受けくださったので、でき上がってくるのが楽しみです。森さんのセンスで、きっとすてきな作品になると思います。


........................................................................................................................

8, Wednesday




朝から新百合ヶ丘のカルトナージュ教室へ、作品展の準備と打ち合わせに行きました。

共同製作の作品は出来上がったので、今度は個人製作の準備にかかります。
私は、カルトナージュで表紙をつけた写真集のようなものを作ろうかと思って画策中。それから最初のレッスンで作った、南フランスのブルーの生地の額装も出品してみようかしらと思って額装の担当の方に話したところ、今回、額装は刺繍を使ったものに統一するとのこと。
額の中にポストカードを入れて飾っていましたが、それを刺繍を使ったものにすればいいようです。

でも、私は刺繍はほとんどやったことがないのです。帰りに二子玉川の「ホビーラ・ホビーレ」に寄って、刺繍のキットなどを見たけれど、やっぱり私にはちょっと無理そう。何か方法を考えなくては・・・


........................................................................................................................

7, Tuesday


ご案内状のポストカード


お友達と3人で、杉並・善福寺に陶芸作家、矢島美途さんの個展を見に行って来ました。
古い日本家屋のご自宅兼工房も一見の価値ありとのお話だったので、期待して行ってみました。
さすがに趣き漂う料亭みたいなお屋敷で、その中にしっくりとおさまっている陶芸の作品や苔ボールなどの植物の数々・・・
日常を離れて、ちょっと別世界に行ったような心地よい感覚を味わってきました。

ピアノと音符をモチーフにしたお皿があったので、姉の誕生祝いにと思って選びました。
苔ボールを入れる器も買ってみました。
陶器の表札の作品もとてもすてきだったので、いつか注文したいなぁと思っています。


........................................................................................................................

6, Monday




今日もカルトナージュの作品展の準備。

共同製作としての写真の額を作りました。これは、リボンで2つつなげて壁にかけるようになっていて、額縁は使わず、ボール紙に生地貼って縁取りも入れると2色の布を使って仕上げています。

デザートの写真を入れてみたら、なかなかおしゃれなイメージに変身して、さすがカルトナージュ!とちょっと嬉しくなりました。
これもみんなで生地も数種類で統一して作っているので、展覧会場で壁一面にたくさん飾るときれいそうです。

作品展が始まったら写真をUPしますので、どうぞお楽しみに。



........................................................................................................................

5, Sunday




栃木県「稲食」の「半熟とうふ 味熟」。
先日、近所のSupermarket Ozekiで期間限定販売をやっていて、試食したらあまりの美味しさに4つほど購入。
「スプーンでお召し上がり下さい。」って書いてある通り、わやわやぷるーんの半熟豆腐。何もかけなくてもそのままの味だけですごくおいしいからびっくり。


青山の糖朝で、「豆腐花」に小豆をかけたメニューを食べたことがあるのを思い出して、おやつの時にゆで小豆(缶詰)をかけてみました。
半熟豆腐とゆで小豆の味のハーモニーにすっかり幸せな気持ちになりながら、しかもこれはダイエットにもとてもいいことに気がつきました。半熟豆腐がムースみたいに感じられてすごくお腹がいっぱいになるのですが、ムースと違ってお砂糖や生クリームも入っていないし、ゆで小豆をあまりたくさんかけなければ、とってもローカロリーでヘルシーなおやつ。

「稲食」のホームページやネット販売のサイトはみつけられなかったので、もし、どこかのお店でみかけたら、是非一度味わってみてくださいね。

(株)稲食
栃木県下都賀郡石橋町下古山2946
п@0285-53-0602



........................................................................................................................

4, Saturday




渋谷にある「写真の学校/東京写真学園」の入門、初級の教科書にも使われています。
前にダイアリーでご紹介した写真家の「宅間國博」さんも、この学校で講座を持っていらっしゃいます。
写真を始めたばかりの人、すでに撮ってる人、どちらにとっても勉強になる本だと思います。
私は始め図書館で借りて読んで、これは持っていたい本だと思って最近買いました。

写真の撮り方のマニュアル本はたくさん出ているけれど、この本は写真の撮り方だけでなく、楽しみ方も教えてくれるような本です。
たとえば、シャッタースピードや絞りを変えるとどんな写真が撮れるかなど、それぞれの項目の例として出てくるのが、単なる説明写真ではなくて作品として楽しめるようないい写真ばかり。この本1冊が写真集としても楽しめるような作りになっています。


写真の学校の教科書 基礎編」 雷鳥社


........................................................................................................................

3, Friday




カルトナージュの展覧会がだんだん近づいてきています。(展覧会の詳細は、newsのページからご覧下さい。)
今日はほとんど1日家にいたので、共同製作のオブジェを2つ作りました。
これは、壁に飾るようになっていて、形は統一していて生地の色と柄が数種類あって、皆がそれぞれ好きなように生地を貼って作ります。私は、黄緑色のストライプと、小さな柄の2種類の生地を選んだので、それを貼って作りました。出来上がってリビングの壁に飾ったら、ちょっと北欧風にも見えるような、なかなかおしゃれなオブジェです。

展覧会は19人が出品するので、オブジェは1人2個ずつ担当していて全部で38個。これを壁一面に展示して、カルトナージュで色と形の世界を楽しむようになっている企画です。

こんな風にすべてコーナーごとにテーマを決めて統一してあって、きっとすてきな作品展になるのではと思っています。カルトナージュにご興味のある方は、いらしてくださると嬉しいです。
私は初日の6月22日(水)10時から1時までがお当番日で行っています。その他の日も、メールいただけたら行けるかもしれませんのでよろしくお願いします。


........................................................................................................................

2, Thursday




お友達と4人で渋谷にお出かけ。
コンコンブルでランチして、アフタヌーンティのティールームでアイスフルーツティーを飲み、お互い近況報告。子どものこと、仕事のこと、体調のこと、カルトナージュのことは、いつもの話題、それから、その他いろいろ。
みんなそれぞれの幸せ持って生きている。
途中で雨がぱらぱら・・・ぱらぱら・・・






うちのマンションの住民はバイク好きの人が多いみたいで、中庭にはいつもバイクがずらり。
こんなバイク、一度でいいから乗ってみたいなぁ・・・



........................................................................................................................

1, Wednesday



粉ミルクのアイクレオ(株)のマタニティブックができ上がりました。
この中の料理ページを私が担当させていただき、3ページで11品の料理写真とレシピを掲載しました。
(詳細は、5月17日のダイアリーをご覧下さい。ページ写真を載せてあります。)

全国の病院の産婦人科に置かれますので、見かけた方はお手にとってみて下さいね。




Back number→Next


Page top
 

Home

Home

Back number
5

4

3

2

1, 2005

12

11

10

9, 2004